kireini-naru(キレイニナル)いつまでも美しく、きれいに、自分らしく

【医師解説】今 知っておくべき 女のつむじ対策!

【PR】iqumore

薄毛や抜け毛といっても、人により部位も原因も異なってきます。

大事なのは自分の薄毛の原因を把握し、その状態に合ったケアをすることです。

ここでは「つむじハゲ」と呼ばれる薄毛について解説していきます。

つむじハゲの主な原因は、ホルモンバランスの乱れと血行不良。そこをピンポイントで対策することで確実にケアしましょう。

医師、美容内科医
発毛診療医(日本臨床医学発毛協会認定)
日本抗加齢医学会日本美容皮膚科学会
サプリメントアドバイザー多くのお客様の診療経験を持ち、医師として美容と健康を提供してきました。
医師でありながらサプリメントアドバイザーの資格も持ち、数々のTVや雑誌でもお悩みアドバイザーとして解説をしています。

女性ホルモンは髪を育むことに欠かせないホルモンです。発毛と脱毛には一定のサイクルがあり、成長退行休止を繰り返しながら、新しい髪が生え替わっていきます。しかし女性ホルモンが減少すると髪は細く抜けやすくなり、ヘアサイクルが回るたびに毛髪が産毛化してしまいます。

<つむじハゲになる理由>
女性ホルモンの分泌が減少することにより、相対的に男性ホルモンの作用が強まることがつむじハゲ原因です。男性は前頭部と頭頂部が薄くなるのに対し、女性の場合、頭頂部(つむじ)のみ薄くなるという特徴があります。
※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

 

薄毛の原因としてもうひとつあげられるのが「血行不良」です。
特に頭頂部は体の末端に位置するため血行が滞りやすい部位です。髪を育む栄養を運ぶのは血液ですので血行が滞ると栄養が毛根まで届かず栄養不足な状態に陥ってしまうことも。女性に多い冷え性もそのつむじの原因になっているかもしれません。

生活習慣を見直して、効率よく栄養補給することが大切です。
女性のつむじハゲの原因となる女性ホルモンのバランスを整え血行不良を起こさないようにすることが肝心です。女性特有のバランスを保つには大豆製品に多く含まれる「イソフラボン」牡蠣に多く含まれる「亜鉛」を積極的に摂取しましょう。イソフラボンと女性ホルモン(エストロゲン)はとても似た構造をもち、体内で似た働きをすると医学分野でも話題になっています。また血行不良を起こさないよう全身の巡りも大切です。身体を冷やさないよう運動や食生活で対策をしていきましょう。

 


つむじ対策をする方法にはいくつか方法があります。

  • 育毛剤
  • サプリメント
  • 植毛

市場に様々な特徴を持った商品があふれており、どれを選んだら良いのかわからないこともあるでしょう。ホルモンや栄養バランスの乱れが原因となっている場合、”体の内側から”働きかけるものを選ぶことがポイントです皮脂が出すぎるなど”外側の”環境を整えるには育毛剤もおすすめですが、血液を通して栄養補給を行う“毛髪”に働きかけるにはサプリメントがオススメです。

<つむじに有効なサプリメント選びのポイント>
女性特有のつむじ対策のポイントは特に血行促進作用のあるサプリメントを選ぶことです。巡りを促すことで栄養を吸収しやすくする作用もありますので効果の実感を感じられる方が多いです
トウガラシに含まれるカプサイシンは有名ですが胃に負担をかけてしまうというデメリットもあります。実は黒コショウやスイーツにも使われるシナモンにも同じような効果が確認されています。身体に負担をかけず、早い実感を得るには「体に優しいスパイス」配合のサプリメントを選ぶことをオススメします。

 

「イクモア」は女性特有のテッペンのお悩みや冷えにフォーカスした医師監修のサプリメント。根本の原因へアプローチできるような「大豆イソフラボン」や血行促進が期待できる「シナモン」を最適配合してます。医師ならではの発想で女性の身体への負担も考慮し、大手口コミサイトでも1位の実績を誇る実力派サプリメントです。